Site Overlay

三春瀧桜 – 三春の滝桜

日本三大千年古樱花之一的三春瀧桜。1922年10月12日被指定为国家天然纪念物,也是最早被指定为国家天然纪念物的樱花树。
  每当春暖花开,依旧枝垂苍劲的千年古樱,粉花无数,尤如瀑布飞泄而下,故而得名「瀑桜」。

※日本三大千年古桜:根尾谷淡墨桜(岐阜県本巣市)、山高神代桜(山梨県北杜市)和三春滝桜(福岛田村郡三春町)。

 日本三大桜に数えられる滝桜は、大正11年10月12日に、桜の木としては初めて国の天然記念物に指定された名木です。
 開花期には四方に伸びた枝から、薄紅色の小さな花を無数に咲かせ、その様はまさに流れ落ちる滝のように見えることから「滝桜」と呼ばれるようになったとも言われています。
 ※日本三大桜:根尾谷淡墨桜(岐阜県本巣市)、山高神代桜(山梨県北杜市)と三春滝桜。


名 称:三春滝桜
地 址:福島県田村郡三春町大字滝字桜久保地内
樹 種:江户彼岸系垂樱(エドヒガン系ベニシダレザクラ)
大 小:高13.5、根部周长11.3、树冠北5.5、東11.0、南14.5、西4.0(米)
樹 齢:1000年以上(估计)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です