Site Overlay

角川武蔵野ミュージアム見学に行ってきました

8月1日プレオープンした公益財団法人 角川文化振興財団が埼玉県所沢市に手掛けた図書館・美術館・博物館が融合した文化複合施設 -「角川武蔵野ミュージアム」を見学に行ってきました。ミュージアムの建築デザイン監修は隈研吾建築都市設計事務所が担当。
 夕方の時間帯を狙って、一応期待通り夕焼けの景色をカメラに収めることができました。コロナの影響で人はそれほど混んでなかった。
 ミュージアム内部には今度は入らなかったですが、11月「ところざわサクラタウン」のグランドオープン後のお楽しみに。

由角川文化振兴财团在埼玉县所泽建设的集图书馆美术馆博物馆于一体的文化综合设施-角川武藏野博物馆于8月1日开始试营业,该博物馆由世界著名设计大师隈研吾的设计事务所负责建筑设计监修。
前往参观的时间选在傍晚,一是感觉这个时间段参观人数会较少,二则希望能够拍到建筑夕照和夜景的照片。结果基本如愿,虽然晚霞不是特别漂亮,但也还是有那么一点姿色。
博物馆内部这次没有计划入内,由于是试营业,最精彩的部分还未开放,留待11月正式开业。
博物馆的竣工首展为:连结大地艺术空间的诞生 – 石与木的超建筑

角川武蔵野ミュージアム公式HP:https://kadcul.com/
オープン企画展:隈研吾/大地とつながるアート空間の誕生 − 石と木の超建築
https://kadcul.com/event/15
ところざわサクラタウン:https://tokorozawa-sakuratown.jp/

角川武蔵野ミュージアム建築概要

建物地上5階
総床面積約3,600坪(約12,000㎡)
デザイン監修隈研吾建築都市設計事務所
建築設計・施工鹿島建設
内装設計・施工丹青社・heso・timbercourt・y+A・dessens
コンストラクション・マネジメント久米設計


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です